中国、1月の版号を交付 『白夜極光』や『崩壊:スターレイル』など大手パブリッシャーの大作が認可

 中国・国家新聞出版署は、1月17日付けで新規版号の交付を発表した。国外タイトルの審査は行われず、国内のみ計88タイトルが版号を取得している。

▲画像は国家新聞出版署より

 版号は、中国国内でゲームのパブリッシングをする際に必要なライセンス。今回、テンセントの『白夜極光』、miHoYo(HoYoverse)の『崩壊:スターレイル』、NetEaseの『超凡先锋』など、大手パブリッシャー3社のタイトルが名を連ねた。

 特に『崩壊:スターレイル』は、miHoYoが手掛ける「崩壊」シリーズの最新作となる3Dターン制RPG。現在事前登録を受け付けており、中国における登録者数は執筆時点で840万人を超えている注目作となっている。プレイヤーは「星穹列車」と共に、銀河を開拓する冒険へと旅立つこととなる。なお今回、モバイルに加えてPCクライアント版もあわせて認可された。

 

 一方、テンセントの『白夜極光』は一筆書きのパズル要素を取り入れたRPG で、グローバルでは2022年12月に1.5周年を迎えている。NetEaseの『超凡先锋』は「次世代のサバイバルシューティング」を謳うバトロワ系のタイトル。

▲『超凡先锋』
 

 全体として、昨年に版号審査が再開された際と比較すると、承認される新規タイトルの数は増加傾向にある。2023年は昨年よりも多くのタイトルが中国で版号を取得すると推測できるほか、日本など国外からのタイトルが現地で定期的に承認されるようになることが期待される。

 とはいえ、前例として過去に約9ヶ月もの期間で版号の新規交付が凍結されたこともあり、版号取得の機会が貴重なものであることには変わりない状況。そのため、現在の中国市場では「量より質」がとりわけ重要な指針となっているようだ。

【関連記事】
中国テンセントCEO、ゲーム事業の国内展開を語る 「最高の製品づくりに集中し、版号取得のわずかな機会を無駄にしない」

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES