ソニックIPの拡大を目指す「Project Sonic ‘22」始動。キーアート&ロゴデザインを公開

▲キーアート

 セガは、同社の代表的なキャラクター「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」において、2022年内のキーメッセージを「Project Sonic ‘22(プロジェクトソニック ツーツー)」とすることを発表した。

 あわせて、「ソニックチャンネル」でキーアート&ロゴデザインを公開。サイト内ではキーアートをPC・スマートフォン用壁紙としてダウンロード可能。

ロゴデザイン

 

 ソニックに関するプロジェクトは、直近では既に複数のマーチャンダイジング施策や「TikTok」コラボ(関連記事)など、各種取り組みによって露出を増やしている。

▲「レゴ®アイデアソニック・ザ・ヘッジホッグ™–グリーンヒルゾーン」セット(関連記事

 

▲「ROCK ‘N’ SONIC THE HEDGEHOG」グッズ5種(関連記事

 

 セガは既存IPのグローバルメディアミックス展開を大きく推進しており、2021年に30周年を迎えたソニックIPの更なる拡大を目指す構え。2022年は新作タイトル『ソニックフロンティア』の発売だけでなく、映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』の公開を控えるなど、多くの展開を予定している。

【関連記事】
『ソニックフロンティア』来冬リリース。グローバルメディアミックス展開を積極的に推進する方針で「ソニック」IPの拡大目指す

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES