Steam、同時接続ユーザー数が2,900万人突破。『PUBG』基本プレイ無料化や『遊戯王 マスターデュエル』配信が追い風に

 Steamの非公式データベース「SteamDB」によると、2022年1月23日23時40分(日本時間)ごろ、Steamの同時接続ユーザー数が29,201,174人となり、過去最高の数値となった。1月12日に2800万人を突破してから、2週間弱で100万増の勢いを見せている。

【関連記事】
Steam、同時接続ユーザー数が2,800万を突破。『PUBG』基本プレイ無料化は追い風となるか

 このとき、その中の8,505,375人が実際にゲームをプレイしており、こちらも過去最高の数値となった。

 『Counter-Strike: Global Offensive』や『Dota 2』など、基本プレイ無料のタイトルを中心にユーザーが集まっているSteamだが、1月12日に『PUBG: BATTLEGROUNDS』も基本プレイ無料タイトルの仲間入りを果たした結果、『PUBG』同時接続ユーザー数は無料化直前期の30万人前後から2倍の60万人規模に大幅な増加。

▲『PUBG: BATTLEGROUNDS』の同時接続ユーザー数の推移。1月12日、基本プレイ無料となるアップデート直後に668,706人を記録している。

 また、1月19日にはデジタルカードゲーム『遊戯王 マスターデュエル』がリリース。23日には26万人の同時接続ユーザー数を記録していた。この2タイトルの成功が追い風となって、同時接続ユーザー数の大幅な伸びにつながったものと見られる。

【関連記事】
Steam版『遊戯王マスターデュエル』同時接続ユーザー数26万人を突破。世界中で”遊戯王”旋風が巻き起こる

 Steamは2022年に入ってから、すでにピーク値を200万近く増やしており、プラットフォームとしての更なる盛り上がりに期待がかかる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES