2020年のゲームアプリ市場を分析 新規ヒット作の裏側も調査

 スマートフォンゲームの日々の運用とその効果をリサーチし、ゲーム関連企業へマーケティングデータを提供する「LIVEOPSIS」(提供:スパイスマート)。ゲームアプリの運用情報をいつでもウォッチできる「イベントカレンダー」や、毎月発行しているレポートを提供している。

 なかでもレポートは、各国ゲームアプリ市場の最新マーケットトレンド情報を毎月提供。レポート内では、売上・ダウンロードランキングや主要タイトルの運用データの総括・分析、注目のプロモーション事例や新規タイトル情報など、 定番情報に加え旬のテーマをピックアップしている。

 2021年2月に配信された「日本マーケットトレンドレポート 2021年1月」では、2020年のゲームアプリ市場の振り返りなどを掲載。

 2020年振り返りでは、2020年の主だった出来事や上位タイトルのセールスランキングの推移などを探るべく、昨年1年間を振り返る各種データを取りまとめている。レポート内では、2020年セールスランキング平均トップ100をはじめ、業界振り返り月表、2020年の新規タイトルに関するジャンル・IP分布などを分析している。

 とくに年別データ比較では、”2019年より平均順位が上昇したタイトル”や”2020年トップ100圏外となったタイトル”、さらには海外企業の割合、リリース年分布まで、2020年におけるゲームアプリの隅々までを把握することができる。

▲「日本マーケットトレンドレポート 2021年1月」より

 また、レポートでは「2020年ヒットタイトル調査」と題して、2020年にリリースされた新作のうちスマッシュヒットを記録した10本を抜粋し、詳細に分析した内容も掲載。ゲーム概要を皮切りに、月次ランキング、プロモーション、マネタイズ、期間限定イベント施策などをさまざまな視点から調査・分析している。前述の特集と合わせて読むことで、2020年のゲームアプリ市場を俯瞰して理解できる。

▲「日本マーケットトレンドレポート 2021年1月」より

 「日本マーケットトレンドレポート」に興味がある方は、LIVEOPSISの問い合わせページからご連絡ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

『プロジェクト・メイクオーバー』分析。パズルと着せ替えのサイクルや課金導線等は

【LIVEOPSIS分析記事】ライフが尽きるまでパズルに熱中して、回復までの間で貯めたコインを使用して着せ替えで遊ぶといったサイクルが生まれている。
00:01:38

『イース6 オンライン』分析。求人サイトを通して“冒険者”を募集するなど一風変わったプロモーションが話題に

【LIVEOPSIS分析記事】リリース直後に、無料DLランキングで両アプリストアで1位を獲得。8月1日にはDL数50万を突破し、注目を集めた。
00:02:12

数字で見る『ニーア リィンカーネーション』の現状

分析ツール「iGage」「LIVEOPSIS」を活用し『リィンカネ』のユーザー推移、休眠状況、プレイ時間、男女比、流出先などを調査。

Stay Connected

Latest Articles