2022年第1四半期の中国ゲーム市場規模は約1兆5,508億円に 規模は拡大も成長率は鈍化

 中国の調査会社CNG(伽馬数据)は4月24日、2022年第1四半期(1~3月)期の中国ゲーム市場についての調査データを公開した。

 同社の統計によると2022年第1四半期、中国ゲーム市場の売上規模は794億7400万元(約1兆5,508億円)で前期比10.08%増、前年同期比で3.17%増となった。前年同期比での成長率は鈍化。

▲2021年~2022年 中国ゲーム市場売上推移(億元)。
▲前年同期比成長率は2.06ポイントダウン。

 また、中国モバイルゲーム市場の売上規模は604億3200万元(約1兆1,794億円)となり、前期比9.28%増、前年同期比2.72%増。こちらも前年同期比の成長率は鈍化している。

 市場の成長要因には『原神』『夢幻西遊』などのヒットタイトルが堅調に推移したことに加え、4399 Gamesによる多文明の戦争をテーマにした4Xストラテジー新作『文明与征服』のヒットが挙げられる。しかし、2021年7月~2022年4月まで新規ゲームの認可が行われなかった影響関連記事)で、成長率は大きく低下した。

▲2021年~2022年中国モバイルゲーム市場売上推移。
▲前年同期比成長率は3.53ポイントダウン。

 中国PCゲーム市場(クライアントサーバ型)は154億9300万元(約3,022億円)となり、前期比12.06%増、前年同期比2.63%増に。『夢幻西遊』『クロスファイア』などの長期運用タイトルが春節により好調となった。

▲2021年~2022年中国PCゲーム市場(クライアントサーバ型)売上推移。
▲前年同期比2.63%増。

 一方の中国ブラウザゲーム市場は、前期比2.63%減の13億6,100万元(約266億円)に。前期から下がったものの、減少幅は縮小し徐々に安定してきている。

▲2021年~2022年中国ブラウザゲーム市場売上推移。

 中国にとっての海外市場売上高は45億5400万ドル(約5,829億円)で、前期比0.54%減となり大きな変化は無いという結果。これは前述の通り新作の本数が減少したことにより、新たな流入がなかったことが原因と考えられる。

▲2021年~2022年 海外市場売上推移。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES