2022年8月、中国モバイルゲーム企業のグローバル収益ランキング NetEaseは前年同期比234%増の好調な収益

 アメリカの調査会社Sensor Towerは同社のブログにおいて、2022年8月の世界モバイルゲーム市場における中国パブリッシャーのセールスランキングを公開した。なお、本記事の数字は同社の推計によるものである。

 2022年8月、世界のモバイルゲームパブリッシャーの売上トップ100には中国企業が40社含まれ、合計で約20億ドルの消費を生み出し、トップ100の中で38.1%を占めた。この数字には中国におけるサードパーティーのAndroid向けストア(TapTapなど)の売上は含まれていない。

 ランキングは引き続き、テンセント、NetEase Games、miHoYoがトップ3を占めている。

 8月11日、テンセントのグローバルブランドLevel InfiniteとPerfect World(完美世界)の子会社Hotta Studioが共同で、SFオープンワールドRPG『Tower of Fantasy(幻塔)』を日本含む海外市場で配信開始。リリース直後、米国、日本、韓国、台湾、香港、マカオといった複数地域のダウンロードチャートでトップになり、8月に世界で最も収益が伸びたモバイルゲームとなった。

 これにより、テンセントにおけるモバイルからの収益は前年同期比2%増、Perfect Worldの収益は同34%増となり、ランキングは8アップの18位に浮上している。

 NetEase は、Blizzard Entertainmentと共同で『ディアブロ イモータル』を7月25日にリリース。その後、8月に前年同期比234%増と好調な収益を上げ、NetEase Gamesのモバイルゲームとして期間中最高となった。これにより、中国App Storeにおけるセールスチャートで3位を獲得している。

【関連記事】
『ディアブロ イモータル』生涯収益が1億ドルに到達 中国でのリリース後、瞬く間に3000万DLを突破

 IM30(Long Tech Network)のポストアポカリプスを題材にしたサバイバルシミュレーション『Last Fortress: Underground』(日本未サポート)は、今年4月以降、急速な増収傾向に入っている。8月は前年同期比19%増となり、パブリッシャーとして過去最高の売上を記録している。

 Yostar(悠星网络)は『アークナイツ』が日本でリリース2.5周年を迎えたことで18%の増収となり、10位に返り咲いた。

 『アーチャー伝説』などで知られるHabbyは、『ダダサバイバー』(原題:Survivor.io)を8月上旬に日本含む海外市場で配信を開始し、TikTok等への広告出稿によって露出を増やしたことで、瞬く間に市場を席巻。8月の世界モバイルゲーム収益成長チャートで8位を獲得した。これによりHabbyは前年同期比159%増の過去最高売上を記録し、パブリッシャーとしては19にランクインしている。

【関連記事】
Habbyの『ダダサバイバー(原題:Survivor.io)』が売上1,500万ドル、DL数1200万を突破

 30位圏外の注目パブリッシャーとしては、AISNO Games (自意网络)は罪悪都市プリズン戦略RPG『無期迷途』(无期迷途)を8月11日に中国で配信開始。リリース後20日間で推定1,100万ドル(約16億円)以上の収益を上げ、App Storeのセールスチャートで16位、中国での伸び率チャートで2位にランクインしている。『無期迷途』について、日本では事前登録の受付を開始している(具体的なリリース時期については未定)。

 また、台湾、香港、マカオで繁体字版『ウマ娘 プリティーダービー』のパブリッシングを担当しているKomoe Gameも、売上が前年同期比28.2%増と好調。

 中国App Storeでのモバイルゲーム売上では、前述の『ディアブロ イモータル』と『無期迷途』に加え、前年同期比57%増を記録した『クロスファイア』と同21%増の『捕鱼大作战』が好調となった。

 2022年8月、中国モバイルゲームの売上高は2019年8月の94%、ダウンロード数が63%にとどまり、コロナ禍前の水準にから後退。Sensor Towerは「節電の継続、人口動態の後退、夏期旅行の再開、世界的な景気後退などの要因が重なり、現地のモバイルゲーム市場の成長を圧迫した」と分析している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES