癒しのコーヒーと物語を楽しむノベルゲーム『Coffee Talk』をジョー・力一氏がプレイ バリスタになったピエロと楽しむ、優雅なひととき

 

 バーチャルYouTuber(バーチャルライバー)グループ・にじさんじに所属するジョー・力一(りきいち)さんは、自身のYouTubeチャンネルにおいて「【Coffee Talk】カフェインが無いと眠れない【にじさんじ/ ジョー・力一】」を配信した。

 本配信でプレイされる『Coffee Talk(コーヒートーク)』は、一杯のコーヒーから始まる物語を楽しむノベルゲーム。プレイヤーは、夜にだけ営業している喫茶店「コーヒートーク」のバリスタとして、店を訪れるキャラクターたちに飲み物を提供。様々な客との会話によって、ストーリーが展開されていく。

 登場するキャラクターは、一風変わった人々ばかり。というのも本作の舞台は、人間以外に、エルフや吸血鬼、人魚などが共に暮らしている、現実の世界とは少し異なるシアトルだ。異なる種族の文化に驚かされるのはもちろんだが、現実味を帯びた話が飛び出すことも度々あり、思わず共感してしまうような話も多い。このような、多種多様な人々が織りなす世界を楽しむのが、『Coffee Talk(コーヒートーク)』の醍醐味となっている。

 

 本作を配信でプレイするジョー・力一さんは、幅広い知識とネタに反応する瞬発力、話の展開力など、高いトークスキルを持つ人物だ。プレイ中も、その力量がいかんなく発揮されており、店を訪れる客が展開する会話に対して、絶妙なリアクションを返していく。「スーツをばっちりと着こなしたピエロ」というビジュアルも、前述した本作の世界観とマッチしていて面白い部分だ。

 また、本作にキャラクターボイスは特に付いておらず、力一さんがすべての台詞を朗読していくのだが、演じ分けのレベルが非常に高いのもポイント。ユニークなキャラクターたちの魅力を、力一さんの声によってさらに引き立てている。

 この配信を見ていれば、自然と客のひとりになった気分に浸れるだろう。コーヒーを飲みながら、ゆっくりと見るのに最適な配信となっている。力一さんのチャンネルには、本作を実況したアーカイブが第3回までアップされているので、気になる人は是非チェックしてみてほしい。

 

【Let’s player】

ジョー・力一(りきいち)(YouTubeチャンネル
バーチャルYouTuber(バーチャルライバー)グループ・にじさんじに所属する、正体不明のピエロ。トークのセンスがピカイチで常に面白く、聞くものを全く飽きさせない、まさに道化師のような独自の世界観を展開する。活動初期はゲーム配信はあまり行わなかったが、最近ではさまざまなゲームに挑戦。持ち前の話術とゲームに対しての新鮮な反応が、絶妙な化学反応を起こしている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

「ぼっち・ざ・ろっく!」原作者・はまじあきさんが『Gartic Phone』をプレイ まんがタイムきらら系列の作家たちが集まって行われた、豪華なお絵描...

https://www.youtube.com/watch?v=z2ytliOjwC0  配信も行っている漫画家のはまじあきさんは、自身のYouTubeチャンネルにおいて「ぼっち・ざ・ろっく!原作者の前で描いてみたwithきらら作家【Gartic Phone編】」を公開した。  本...

Stay Connected

TOP STORIES