「Clubhouse」の認知率がわずか1週間で2.7倍に拡大

 LINEは、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ(※)」において、音声SNSサービス「Clubhouse(クラブハウス)」の第2回目の調査を実施したことを発表した。

※同社が保有する約538万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤としている

 「Clubhouse」は2020年2月頃からアメリカで広がり、日本でも、今年2021年に入り賑わいをみせている音声SNSサービス。

 第1回目の調査は、2021年1月末に実施した。今回の調査から、そう期間は空いていないものの、直近では「Clubhouse」に関する露出が増え、状況が様変わりしている。そこで同社では、第1回目の調査からどれくらいの認知や利用に変化があったのか、前回回答者を除いた全国15~59歳までの方を対象に日本の人口構成比に合わせて回収を行う形で、第2回目の調査を実施したという。

 

1.「Clubhouse」の認知は52%、1週間で2.7倍の伸び

 前回1月30日に実施した「Clubhouse」についての調査。その1週間後にあたる2月6日に第2回の調査を実施。「Clubhouse」を「知っている」割合は全体で約5割と、半数以上の人が認知した結果になっている。前回調査では19%だったが、わずか1週間で2.7倍ほどの伸びになっており、「Clubhouse」の注目度の高さやメディアでの露出の多さによる影響がうかがえる。

 また年代別にみてみると、10代、20代の認知が他の年代に比べて高く6割超となっている。前回調査では20代の認知が最も高かったものの、今回調査では10代での認知が最も高くなった。10代では「Clubhouse」の認知の広がりが、20代よりもさらに素早く大きかったことが分かる。

 

2.利用率は4%、若年層では他の年代の2倍

 「Clubhouse」には招待制やiOSのみの配信といった、様々な制約条件があるが、利用者・招待まちの人を含めた利用率の伸びはどのようになっているのだろうか。全体では前回調査の2%から2ポイント増加の4%となった。10-20代では、他の年代よりも伸びが早く、前回2~3%から8%に伸張。

 

3.利用意向は25%と、小幅上昇

 サービスの認知はハイペースで広がっているが、今後の利用意向者の割合に変化はあるのだろうか。現在の認知の有無にかかわらず、前回調査と同様に「Clubhouse」のサービス概要を提示して、利用意向を聞いた。

「使ってみたい思う※1」割合は全体で25%となり、一方「使ってみたいと思わない※2」の割合は54%に。前回から「使ってみたいと思う」割合は3ポイントほど上昇し、「使ってみたいと思わない」割合は変化していなかった。また、「どちらともいえない」の割合は減少しており、サービスの認知が高まるとともに、自分にとって使ってみたいと思うサービスか否かがはっきりする人が増えた様子がうかがえる。

※1「使ってみたいと思う」は、「ぜひ使ってみたいと思う」、「機会があれば使ってみたいと思う」の割合をまとめたもの。
※2「使ってみたいと思わない」は、「あまり使ってみたいと思わない」、「まったく使ってみたいと思わない」の割合をまとめたもの。

 年代別にみてみると、すべての年代で「使ってみたいと思う」割合は上昇。特に、10代は利用意向ありが4割弱と高く、1週間前からの増加率も他の年代と比較して最も高くなった。年代があがるにつれて利用意向は低くなる傾向となった。

「Clubhouse」のサービスは、10代、20代の若年層を中心にサービスの利用が高まっていきそうな傾向がみられた。LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施していくとしている。

【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:第1回2021年1月30日~1月31日
第2回2021年2月6日~2月7日
有効回収数:第1回 1054サンプル(人口比で性年代割付回収)
第2回 1053サンプル(人口比で性年代割付回収)
※各回フレッシュサンプルで実施
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならないことがある。

PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

Stay Connected

Latest Articles