【韓国Netmarble 4Q 2020】累積売上高2,249億円を記録

 ネットマーブルジャパンは、本社にあたる韓国のNetmarbleの2020年第4四半期の決算を発表した。業績は下記の通りだ。

【2020年第4四半期】
・売上高 565億円(YoY 12.4%増 / QoQ 2.9%減)
・営業利益 75億円(YoY 61.4%増 / QoQ 5.6%減)
・当期純利益 94億円(YoY 2097.9%増 / QoQ 11.7%増)

【2020年通期】
・売上高 2,249億円(YoY 14.0%増)
・営業利益 246億円(YoY 34.2%増)
・当期純利益 306億円(YoY 99.4%増)

※累積平均為替レート 1円=0.0905ウォン をもとに換算し記載
※YoY=前年同期比、QoQ=前四半期比

 韓国以外での売上高は、2020年は年間1,621億円と、全体売上比で72%を占めており、前年比でも23.3%上昇するなど、グローバル市場の比重が徐々に拡大している。

 昨年3月に北米などの主要なグローバル市場でリリースした『七つの大罪: GRAND CROSS』(邦題:『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』)を筆頭に、『Marvel Contest of Champions(Kabam)』(邦題:『Marvel オールスターバトル』)や、『リネージュ2 レボリューション』、『ブレイドアンドソウル レボリューション』などの人気ゲームが好調を維持したという。

 Netmarbleが2020年11月にリリースした収集型MMORPG『セブンナイツ2』も、Google PlayストアとApp Storeで売上TOP3に入るなどヒットを記録している。

▲画像は「Netmarble 2020年第4四半期 決算資料より」

 決算資料によると、ジャンル別ポートフォリオでは、RPG(33%)、MMORPG(31%)、カジュアル(24%)、その他(12%)に分散しているのが分かった。MMORPGの割合がQoQで8%増加しており、これは『セブンナイツ2』をはじめとする新規タイトルの投入が影響している。

 各タイトルの収益も均等に分布しており、『Marvel オールスターバトル』の15%を筆頭に、『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』が12%、『セブンナイツ2』が12%、『リネージュ2 レボリューション』が8%、『ブレイド&ソウル レボリューション』が5%と続いており、ひとつのタイトルに傾倒しているのではなく、収益性のバランスを実現している。

 Netmarbleの代表であるクォン·ヨンシク氏は、「2021年は新社屋となるGタワーから新たに出発する意味深い年であり、特に『二ノ国:Cross Worlds』、『Marvel Future Revolution』、『セブンナイツ レボリューション』などの大型の期待作を披露する年となるため、グローバルゲームの競争力を強化する良い契機になるだろう」と述べている。

 

(c)Netmarble Corp. / (c)NCSOFT Corp. / (c)MARVEL / (c)Kabam Games, Inc. / (c)鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS/「劇場版 七つの大罪」製作委員会/「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会・テレビ東京 / (c) LEVEL-5 Inc. / (c)Netmarble Fun Inc. / (c)Netmarble Cherry Inc. / (c)Netmarble Nexus Inc. / (c) Netmarble Neo Inc.

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

カヤックがゲームのオンライン家庭教師事業ゲムトレを連結子会社化したと発表

ゲムトレをカヤックグループに迎えることにより、eスポーツ文化およびゲームに対する新しい価値観の醸成、グループ全体としての競争力強化を目指すとしている

韓国Netmarble、第2四半期は売上高556億、営業利益16億のYoYで減収減益

『二ノ国:Cross Worlds』の売上高の未反映と、新作リリースに伴うマーケティング費、人権費の増加により、業績が低迷。下半期には大型新作のリリースやグローバルソーシャルカジノゲーム市場への進出を予定している。

Stay Connected

Latest Articles