f4samuraiの新作『オルタンシア・サーガR』の繁体字版が3月末にリリース

 f4samuraiは、新作『オルタンシア・サーガR(以下、オルサガR)』の繁体字版が2021年3月末にリリースすることを発表した。

 本作は、TVアニメ化もされたスマートフォン向けRPG『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-(以下、オルサガ)』のフルリメイク作品。中国・北京のLongtu Gameが開発を担当している。ゲームでは、3Dで描かれるアニメーションやフルボイス演出が追加されたほか、自由度と戦略性が高いバトルシステムに磨きがかかるなど、最新作に相応しい内容に仕上がっている。

 日本では、2021年2月1日にリリース。アプリストアのセールスランキングでもTOP200圏内にランクインしたものの、現在は落ち着きを見せている。

 原作にあたる『オルサガ』は、2015年4月にリリースされたスマートフォン向けRPG。サービス開始当初はセガによる配信・運営が行われ、2020年11月より開発元のf4samuraiへと移管された。

 現在f4samuraiは、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』や『ディズニー ツイステッドワンダーランド』などIPタイトルの開発会社として認知度があるが、『オルサガ』のようにオリジナルタイトルでもヒット作を持つ稀有な会社でもある。

 『オルサガR』について、日本ではまずまずのスタートとなったが、今後中国の開発会社と足並み揃えて改修作業やゲーム内外施策を取り入れていくことがうかがえる。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

Related Articles

『プロジェクトセカイ』欧米・アジアを中心にグローバルでのサービス開始を決定

9月30日に繁体字圏向けのサービス開始を予定し、欧米をはじめ約130の国・地域向けに2021年内、以後、韓国、東南アジア、中国本土向けに順次サービスを展開していく。
00:00:42

NCSOFTの新作MMORPG『ブレイドアンドソウル2』韓国でサービス開始。モバイル等複数プラットフォームで展開

現地韓国のApp Storeでは無料ダウンロードランキングで1位、セールスランキングでTOP5入りを果たすなど、幸先のいいスタートを切っている。

スマホ向けコマンドRPG『この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ』をグローバルで配信開始

KADOKAWA及びゲーム開発を手掛けるサムザップとの協業を通じて、ネクソンがパブッシングを行う。

Stay Connected

Latest Articles